フィリピンの人身売買事件



入国管理庁によると19年に人身売買疑いで出国停止となった比人は3.8万人
(まにら新聞) 2020/01/27



マカティ市パラナンにあるビアハウスで警察の捜索があり、従業員の女性31人が保護された
(まにら新聞) 2020/01/24


首都圏警察マカティ署は売春に従事させられていた比人女性ら計19人を保護した
(まにら新聞) 2020/01/23


要訳: 人身売買の被害者女性13名が沿岸警備隊によって船内から救出 ザンボアンガ市
13 alleged human trafficking victims rescued in Zamboanga City
(まにら新聞) 2019/12/18


フィリピン“天使の街”で「少女を買う」アメリカ人観光客
(クーリエ・ジャポン) 2019/12/10


要訳: フィリピン国家警察はパラニャーケのコンドミニアムで売春を強制されていた中国人、日本人、ベトナム人女性ら14名が救出される。
主犯格の中国人を人身売買容疑で逮捕。中国人女性はゲームオフショア会社への雇用として連れてこられたと語る。
14 Asian women rescued from sex den
(Philippine Star) 2019/12/07


要訳: クラーク自由港エリアで人身売買容疑で中国人2名を逮捕。性的搾取を受けていたベトナム人女性6名と中国人女性8名を救出。
2 Chinese nabbed for human trafficking at Clark Freeport
(Rappler) 2019/12/04




投稿者 美山治 : 07:26 | - | |