2012年6月8日

OkraとAmpalaya

写真、本文: 美山治 (ミヤマ オサム)
Photo, Text: Miyama Osamu

 近所のサリサリの前で時々野菜を売っているおばさんからまた野菜を買わされた。オクラとニガウリ、あわせて20 pesos。これはおばさんの言い値なので、オクラ一本幾らなのかは定かではない。オクラは写真に写っている分量をガシッとを掴んで「これくらいかね」と私に見せる。本数なんか数えてない。私が「全部でいくら?」と聞くと「20ペソ」と答える。この人はいつも10ペソ刻みで物を売る。オクラとニガウリの二種類だから 2 x 10 で20 pesosだ。世界で一番適切で正確な物の値段だと思う。

 誰でも知っていることを少し解説しよう。Okraは日本のオクラと同一語源なのか定かではないが、オ-クラのように「お」にアクセントをつけると、そのままタガログ語として通じる。ホテルオークラのつもりで発音すると完璧だ。マニラで出回っているのは少し成長しすぎていて筋張っている。「ピナクベット」と呼ばれるフィリピン料理のように他の野菜と煮て食す。生でかじるとやっぱり硬い。ルスタンス・スーパーマーケットのようなところに行くと、有機栽培野菜コーナーに日本で流通しているような小ぶりのやつが同じくらいの量でもう少し高めの値段で売られている。

 アンパラヤの日本での呼称は言わずと知れたニガウリ、沖縄地方でゴーヤ。これは見た目も味も日本のと変わりないと思う。解説の必要なし。明日は豚肉を解凍しよう。


今日の教訓:野菜の写真は太陽光の下で撮ったほうが綺麗だ。

----注-----
2012年時点のYahoo外国為替相場で 10ペソは18.30円 (20 pesos で36.60円)

Yahoo外国為替相場: http://quote.yahoo.co.jp/m3

投稿者 Admin : 20:04 | 野菜