2014年10月7日

Tinapa (ティナパ)

文章、写真: 美山 治 (ミヤマ オサム)
Text & Photograph: Miyama Osamu

 以前フィリピン料理レストランで食べた「ティナパ・ライス (記事を読む)」という炒飯に入っていた「ティナパ」の味が忘れられず、スーパー・マーケットに行くたび探していた。干物のイメージがあったので、魚介類の干物コーナーをいつも見ていただのだけど、今回「ランドマーク」の鮮魚コーナーにて発見。

 現物を見るとカリカリの干物じゃなくて生干しっぽい感じの燻製。道理で干物コーナーを探してもなかったはずだ。そのままでも食えるんじゃないかって感じの見た目。家に帰ってそのまま囓ってみたら、充分いける。皮はちょっと固いかな。小さめの買ったほうが良さそう。

 燻製の香りと旨味が強烈。アミノ酸万歳。オーブンで焼いてイワシの丸干のようにしても食べてみたけど、これもうまい。それをフレーク状にして炒飯に混ぜてもいい。出汁もを取るのにも使えそうだ。ソバに乗っけてニシン蕎麦もどきなんてのもできるかも。いろんな使い道がありそう。

【お値段】
214gで57.80 ペソ (140.24円, 1.29米ドル)。 (※ Yahoo当日換算)



---参考リンク---
1) "Tinapa"はムロアジなどを燻製して作る干物 (ウィキペディアより)。
2) 「ティナパ・ライス (Tinapa Rice)」のレシピ: Yummy.phより
3) 以前描いた「ランドマーク」の日本食材コーナーに関する記事
---参考リンクおわり---

投稿者 Admin : 16:34 | 魚貝類